ページ 2/2 <<前へ  1 2 次へ>> 

2017-12-29
アイデア募集
うち(さんかくBASE)のイラストレーター、、
女子高生のかねぴー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

真剣にやってれば真剣な人が応援してくれてる。
そんな助けてくれる人のためにも、
もっとプロ意識を持つべきなのかな…
でも偉そうにするのはやっぱ苦手
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ツイッターでつぶやいてた。
今どきの女子高生にはない、しっかりさ。
この子、、売れると思う。

それから、
ミアンちゃんの生みの親、、
MICOさん、
計算オールスターズが、
そろばん界のイメージを変えます。

って言ったら、、
ミアンちゃんは子どもっぽいよね。
もっとキリっとしたのも欲しいな、、
と言われることしばしば。。

そしたら、
知り合いが、
友達のイラストレーターが
仕事を探していると。
以前は、漫画家のアシスタントを長くやっていたと。。
で、「もえ」さんを紹介してもらう。

ラインを教わって、
ミアンちゃんの写メを送って、
ウチのエースって紹介。。

だから違う作風でって言ったら、
ご要望に合わせた作風で書きます、って。

最後に手書きのラインスタンプ(?)が
送られてきた。。
ラインしながらチャッチャって書いたんだね。
実力無限大って感じ。

さて、もえさんに何を描いてもらいましょうか?
アイデアをお願いします。








2017-12-27
のぼり旗
このブログ、、毎日なんて書けないよ、
って思っていますが、「毎日、書く!」
って決めないと、全然書けない私なのです。

でも、朝、教室のブログを書いて、
教室から戻ってきて、このブログを書く。
なんか変な感じです。笑

教室のブログです。。
http://bsc8888.exblog.jp/
悪戦苦闘中です。。(;^_^A

さて、今日は片方の教室が授業納めでした。
「年長さん募集」っていうのぼり旗を
「暗算第一」に取り替えました。

来年は、戌年だから、
「そろばんワンダフル」なんていうの
作ればよかったなー、、と後悔中。

のぼり旗は、
季節に合わせて取り替えましょう。(^▽^)/

写真を撮ろうと思ったら、強風。。
そしたら、早めに来てくれた保護者が、
パッと寄ってきて、抑えてくれています。
(だから変な写真)
でも、こんな保護者に支えられ、
そろばん塾をやらせていただいているんですね。
保護者の期待に応える教室になろう!
と、決意です。





2017-12-26
人型看板
私の本業はそろばん塾なんですが、
デザインもちょっとやっていて、、
今日、看板工場へ、、、。
人型看板の引き取りに行ってきました。
不思議な感覚でした。
いやぁ、いろんなことをやらせてもらって、
人生を何倍も楽しませていただいています。

ちなみに、横から見て、
アルファベッドの「A」のような看板を
A型看板っていいます。
今回は、片面の人型看板のご紹介です。
ピンクのフレームが、
そろばん古臭いイメージを払拭してくれます。爆

2階の教室なら、階段下に置いておけば、
ミアンorイアンが、「こっちだよ」って
案内をしてくれます。

公民館等の教室なら、廊下におけば、
他の利用者が気になってくれるでしょう。

ちなみに、この看板。。
板の取り外しが簡単です。
板を両面印刷にしておけば、
(例えば検定試験中入室不可)
(特別体験学習実施中)
利用価値も増えます。

今回、10台仕入れました!
是非、ご利用ください。




2017-12-25
年末
24日のクリスマスカップ、、激しかったなぁ。
中学の部、団体優勝した、沖縄あわせの
870点っていう合計点、おかしいだろ。
同じ人類とは思えない。
200点を3人揃えるだけだって奇跡だと思うけど、
(うちは当然無理)
なんか同じそろばん教室と名乗れないのではないか?
って思えてきた。

「ウチは競技趣向じゃありませんから」
って、逃げるのは簡単だけど、
珠算って技能だから、
上手にさせる!
っていうを忘れちゃいけませんからね。
とりあえず、一歩近づく策を考えましょう。

と、思いつつ、一段落したので、
お楽しみ抽選会!!
試作中の計算オールスタースロットマシン!
これ、当たりを操作できるんですよ。
つまりガラガラの抽選箱のデジタル版って感じ。
近々リリースしますけど、
年末に間に合えばよかったですね。





2017-12-24
暗算ができる。。
最近、フェンシングのトップクラスのコーチと仲良しになった。
先般行われた、ユニバーシアード大会で、
日本女子サーブルは団体優勝したそうだ。
その中のメンバーの福島史帆実(法政大学4年)さんが、
暗算の名手らしい。。
福岡県出身。。

なんで名前を出したかというと、
フェンシングってマイナースポーツだから、
自分たちで感謝祭のチケットを売ったり、
練習の他に、そういう活動も大変らしい。
だから、知名度が上がることは嬉しいことなんだと。。

フェンシングってマイナースポーツだけど、
東京五輪前だから、ちょっといいよね。

しかし、しかし、
身の回りで、「暗算が得意」って言える人、
少なくないかなーー。

例えばフラッシュ暗算、、
何桁(何秒)までできた!
っていうのも大事だけど、
「何桁(何秒)は間違わない!」
っていう練習も大事なんではないかと。。

こんなソフト作りたいな。。
どなたか資金援助してください。

PS.絵は富士山のそろばん玉。。
日本代表のことをナショナルチームっていうのね。
この響きがカッコイイ。
そんなことを思って遊んでみました。
(正月前だからね)






2017-12-22
ラーメンの値段
川口の駅前が、ラーメン激戦区に。。
って、そろばんの話じゃなくてすみません。。

さんかくBASEは、埼玉県川口市にあります。
東京駅からだと、京浜東北線で、、30分ぐらいです。

で、お気に入りの家系のラーメン屋さん、
いつも650円のノーマルラーメンを注文します。
そしたら、池袋の名店、大勝軒の流れをくむ、
新しい店ができました。。
ノーマルラーメン、、880円。。
んんん、ラーメンでこの値段は嫌だな、
って思ったけど、食べたら美味しかった。
なるほど、
老舗っていうのはスゴイなって関心する次第。
(リピートあり)

で、つい最近、もう1軒。。
にぼしラーメン。
「にぼしが嫌いな方はご遠慮ください」
のポスター。
なかなか挑戦的だ。。
ふつうのにぼしラーメンと、
すごいにぼしラーメンの二種類に、
それぞれに、「特製」っていうのがあって、
わかりづらい。。
はじめてなので、
「ふつうの特製」を選んだら、1050円也。
(リピートなし)

ぜーーんぶ、そろばん塾に置き換えたら、
授業料の設定の参考になると思いました。

写真にはよく見ると4軒写ってます。
あとの一軒は中国人経営???




2017-12-21
クリスマスカップ
年末のこの時期、
クリスマスカップ。。
5月頃にやればいいのになぁ、
爽やかでいいぞぉ~。笑

さて、ツーネットさんは、
標記大会で販売ブースを設けます。
T内氏に、サンタの缶パッチを授けました。
(前にこれのステッカーを作ったなー)
怒っているサンタって、
意表をついてて面白いと思いませんか?
会場で、T内氏に合い言葉を言ったらもらえます。
メモの用意はいいですか?
合い言葉は、、
「缶バッチちょうだい」です。
(非売品です)
もしかしたら、
ミアン&イアンのX'mas缶バッチは
販売しているかもしれません。
売れ残ると面倒なので、
参加した生徒さんに買ってあげてください。
(^▽^)/




2017-12-18
ZAD48
全珠連の暗算段位検定はヒット商品ですね。
って、書き方が生意気ですね。
比較的早く、段位に挑戦できるし、
かと言って十段は難しい。。

苦手種目があって、
総合段位がずっと上がらないと辛くなります。
そこで、、、、
各種目16ステップ(準段があるから)、
3種目合わせて48ステップ!
名付けて、ZAD48作戦!!

缶バッチみたいなメダルを盾に貼っていきます。
(マグネットで)
只今、試作中です。。

なお、沖縄で珠算の最年少十段(8歳)が、
出たみたいですね。

私がそろばんを習っていた頃、、
1級が最高峰だったです。
(段位検定をしらなかったからですが)
時代は確実に変わっていますね。





2017-12-14
ハジメマシテ
工場長のミズヌマです。
昭和61年、教室を始める時、
親も含め周囲に反対されました。
カシオの安価な電卓が出始めた頃です。
「大丈夫、大丈夫、今まで通りのそろばん塾を
やるつもりがないから」
って、現在まで理想のそろばん教室を夢見て、
試行錯誤の毎日。
熱心というか、
未だにちゃんとできないから続けてるという感じです。
「そろばんの検定なんて古いんじゃないの?」
って思いつつも、
沖縄を筆頭に、立派に検定試験中心の教室が益々
元気になっていっている気がします。

この度、ツーネットさんと
コラボ企画をさせていただくことになりました。
ツーネットさんをご利用される先生方は、
色々なお考えを持たれていると思いますので、
ちょっと書きづらいですが、
私、わりとストライクゾーンは広い方です。
面白い話には食いつきます。
でもーーー、「上手にさせたい」
って口にしない先生は苦手です。
(こんなことは書かなくていいですよ、
ってT内さんに言われそう)
とりあえず、今日は、ご挨拶ということで、
今後ともよろしくお願いします。







ページ 2/2 <<前へ  1 2 次へ>> 












SANKAKU BASE


ページトップへ戻る