ページ 1/5 <<前へ  1 2 3 4 5 次へ>> 

2022-03-28
全珠連(2022年3月) 上級段位検定試験 合格者発表!

2022年3月実施の全国珠算教育連盟主催 文部科学省後援の上級段位検定試験(第408回)の合格者が発表されました。

今年度最後の検定試験となった今回の結果は、、


・暗算九段合格者が誕生。五段以上も続々。
・前回に続き、新たに小1で暗算3.2.1級に同時合格達成!
・上級3.2.1級連続合格者誕生!
・小1で珠算上級に満点合格!
・小2で珠算段位に合格!


など、嬉しい結果をたくさん残してくれました。

合格した皆さん、おめでとうございます(*^▽^*)


今回の検定を最後に卒業する子もいますが、悔いのない挑戦ができたとしたらきっとそれが次の目標に繋がるはずです。

詳しい成績は「塾生専用ページ」確認してください。

各自の得点表は、各教室で配布します。


次回検定は5月です。新年度も張り切って頑張りましょう!



※【石川塾 教室ブログ】





2022-03-20
受験の吉報(^O^)/
卒業、そして入学の季節となりました。

今年も受験を終えた子や保護者の方から嬉しい知らせをたくさんいただくことができました。

中学受験においては、開成(3名)・桜蔭・豊島岡(2名)・雙葉など、誰もが憧れる学校への切符を手にした子たち。

大学受験においては、国立大学の医学部に現役合格した子をはじめ、明治、青山、中央などの難関校にすべて合格するなど、それぞれ嬉しい結果を出して報告に来てくれました。

コロナ禍という特殊な事情だからこそ、モチベーションの維持や対策、学習の進め方や本番力など、より端的に受験生の総合力が試された挑戦であったと思います。

合格された皆さんに心よりお祝い申し上げます☆


毎年のことながら、当教室の卒業生(在塾生)は受験(進学)に対して高確率の勝率を誇っています。

なぜなら、そろばん技術だけを指導しているわけではないからです。
「考える姿勢」「精神的な強さ」を学び、絶対的に必要な能力の基礎を鍛えているからこそ、その地道な積み重ねがやがて将来的に形として現れるのだと確信しています。

もちろん、珠算・暗算技術も身につけてのことです。
今回、医学部に合格した子は珠算・暗算ともに十段の腕前ですし、開成や桜蔭に合格した子たちは暗算九段・八段やそれに準ずる能力を身につけています。

そろばん・暗算の技術能力の習得は、ただ単に計算力が身につくということだけでなく、実力が上がれば上がるほど、計算力以外の能力(集中力・注意力・記憶力・処理能力など)において常人とは格の違う差が生まれます。
これらの能力を受験(勉強)や将来的には仕事に活かすことで目に見える形で成果を引き出すことができるのです。

いくら学習塾の勉強をしても、受け入れる脳に容量がなければ身につきません。脳にはもっと基本的な準備が必要なのです。
一方で、いくら計算力ばかりを身につけても、特殊な場合を除いて現代社会においては実用的ではありません。

技術能力以外のしつけも含めて、意味のある能力を手にすることが大切なのです。

塾生全員がそろばん学習を通して、将来的にあらゆる場面で意識するとしないとにかかわらず発揮できる能力を手にしてほしい。

そんな想いでまた新年度を迎えたいと思っています。

進学される皆さんの希望に満ちた成長を心より願っています\(^O^)/





2022-03-15
All Japan Soroban Championship 2022
3/13(日)代々木のオリンピックセンターで行われました。

今年は、コロナ禍にもかかわらず未就学児から大学生、社会人まで過去最多の392名の選手が、関東近郊のみならず中部や東北、関西からも集まりました。(※感染予防のため収容人数の半分以下として各会場に分かれて実施)

部門(学年の区切り)別の大会としては、全国で最難度を誇る本大会で当教室の生徒も大活躍してくれました。
結果は以下の通りです

1部・幼年の部

個人総合競技:準優勝


種目別競技:優 勝


暗算チャンピオン決定戦:準チャンピオン獲得



2部・小学1.2年生の部

個人総合競技:2等(満点で決勝進出)&4等入賞

暗算チャンピオン決定戦:チャンピオン(1位)獲得



※成績詳細は、[日本計算技能連盟のHP]をご覧ください。


当教室のように限られた練習時間の中、全国大会で活躍することは至難の業で、究極の挑戦といえます。
しかし、保護者の皆様のご理解とご協力を得て、正しい取り組みをすれば実現できるんだということの証でもあり、今回の結果をとても誇らしく、嬉しく思います。

出場選手の皆さん、全員がよく頑張りました。
そして、トロフィーやカップをもらえた皆さん、おめでとうございます\(*^▽^*)/

そろばんの競技大会においても、コロナ禍で中止となったり、オンライン化が主流となる中で、本大会はあくまでも現場(会場)での大会にこだわって主催されています。

やはり現場の雰囲気、緊張感、臨場感は会場でしか味わうことができない意義があります。
多感な成長を毎日遂げている子どもたちにとって、画面越しでは伝わらないものの方が多く、五感を使ってフルに感じることができるからこそ脳を刺激するし、記憶に残る身になる経験となるのです。

これからも、限られた環境の中で一人一人の成長に繋がる取り組みを日々していきたいと思います。

新年度もがんばろう!





2022-02-07
全珠連(2022年1月)上級段位検定 合格者発表!

2022年1月実施の全国珠算教育連盟主催 文部科学省後援の上級段位検定試験(第407回)の合格者が発表されました。

今年最初の検定試験、冬休みも挟んだ中で実力を維持してみんな頑張ってくれました。結果は、


・八段をはじめ新たに15名が昇段!
・段位初挑戦で暗算六段に一発合格(複数)!
・小1で暗算3・2・1級に同時合格達成!
・上級3.2.1級連続合格者(6名)誕生!
・ゼロ(初心者)から習い始めて10ヵ月で1級に合格!


1月だけでのべ50名超(うち5割が小学低学年)が上級段位検定に合格し、幸先の良いスタートを切ってくれました♪

合格した皆さん、おめでとう(*^▽^*)

今の学年で挑戦できるチャンスはあと1回(3月)です。

今回検定を最後に受験勉強にシフトする子もいましたが、最後までやりきってくれました。

出会いがあればしばしの別れもあります。教室を離れても新たな挑戦に向けて応援しています!


詳しい成績は「塾生専用ページ」確認してください。

各自の得点表は、各教室で配布します。



※【石川塾 教室ブログ】





2021-12-06
全珠連(2021年11月)上級段位検定 合格者発表!

2021年11月実施の全国珠算教育連盟主催 文部科学省後援の上級段位検定試験(第406回)の合格者が発表されました。

毎年奇数月に行われる全珠連検定、今年最後の検定試験となりました。結果は、


・前回に続いて新たに暗算九段(小5)が誕生。

・初挑戦で四段、三段に1発合格。

・暗算上級満点合格達成者複数(3名)。

・3級&2級同時合格


今年最後の検定もしっかり結果を残して締めくくることができました。

合格した皆さん、おめでとう(*^▽^*)

今の学年で挑戦できるチャンスはあと2回(1月・3月)です。来年も頑張りましょう!


詳しい成績は「塾生専用ページ」で確認してください。

各自の得点表は、各教室で配布します。



【石川塾 教室ブログ】





2021-11-27
祝!小学2年生 暗算十段合格☆

☆暗算十段位合格者誕生☆

2021年9月に実施された全国珠算教育連盟(文部科学省後援)の暗算段位検定試験(第405回)において、当教室の伊藤悠真くんが暗算十段(最高段位)に合格しました!

奇数月に行われる全珠連の暗算段位検定の年間の受験者は約3万5千人~4万人程度。その中から、十段に合格できるのはわずかに120~150名程度です。合格率わずか0.3%ほどの難関になります。

悠真くんは小学2年生。わずか8歳1ヵ月での合格です。

全国的にみても相当に早い低学年での十段合格となりました。

素晴らしい成果を手にできたのは本人のたゆまぬ努力と保護者の方の温かい応援あってこそです。

大きな目標の一つをクリアし、更なる成長と活躍を応援していきたいと思います(*^_^*)

おめでとう!!






2021-11-11
令和3年 東京都通信珠算競技大会

例年は全国大会として行われる全日本通信珠算競技大会ですが、今年もコロナの影響で全国統一では実施されず、公益社団法人全国珠算教育連盟東京都支部が都内の加盟教場を対象として通信制で(10月実施)行われました。


<小学4年生以下の部>

団体総合競技:優 勝!!

個人総合競技:優 勝!!

昨年に続いて、団体&個人ともに2連覇を達成しました☆

また、入賞者の数も出場全教室中最多となりました。


当教室では、本格的な受験が始まる前にしっかりした実力をつけることを大きな目標としています。
そして、この教室ならではのそろばん学習で得た能力(計算力以外も)を将来にわたって他の分野で活かして発揮してくれることを理想としています。

今後もこの理想を保ちつつ、さらに幅広くレベルアップできるように上を目指していきたいと思います。


※成績詳細は塾生専用ページに掲載しています。







2021-10-04
全珠連 (2021年9月)上級段位検定 合格者発表!

2021年9月実施の全国珠算教育連盟主催 文部科学省後援の上級段位検定試験(第405回)の合格者が発表されました。


・前回惜しくも本部審査で涙をのんだ小学2年生が再び暗算十段本部審査中!

・暗算高段位合格者(九段・七段など)が複数誕生!

・年長園児が、3・2・1級連続合格(しかも満点合格)を達成!

・習い始めてからわずか半年で珠算・暗算ともに上級に合格!

など、夏休みを経た今回の検定でも結果を出してくれました。

合格した皆さん、おめでとう(*^▽^*)

秋は大会もたくさんあります。大会で磨いた技術は検定にも活かせます。挑戦をチャンスを捉えて貪欲に上達していきましょう!


詳しい成績は「塾生専用ページ」で確認してください。

各自の得点表は、各教室で配布します。



【石川塾 教室ブログ】





2021-10-03
第52回 全関東学年別珠算選手権大会

昨年は中止となってしまった本大会ですが、今年は通信制にて期間を定めて行われました。

この大会は学年ごとに細かく部門が分かれているのが特徴です。(※小2以下・中学・高校一般は同じ部門)

関東各地から合計822名の選手が参加した大会において、以下の成績を収めることができました。


小学2年生以下の部

個人総合競技 : 優 勝

団体総合競技 : 第4位

入賞3名


小学4年生の部

団体総合競技 : 第6位

入賞4名


小学5年生の部

団体総合競技 : 第8位

入賞3名


小学6年生の部

入賞1名


個人総合競技は決勝タイムも全体の1位を取っての優勝!

団体総合競技は、団体(1部門3名以上)を組むことができた部門すべてで入賞(関東全体でベスト10入り)することができました。


活躍した皆さん、おめでとう!

関東大会で入賞するのは簡単なことではありませんが、頑張った成果が結果として表れたり、結果を経て悔しがったりできるのは替えがたい経験です。


成績詳細は次号の塾だよりと一緒に教室でお配りします。

※入賞者への賞品は10月中旬以降にお渡しできる予定となっています。

楽しみにしていてください(*^^)v





2021-09-09
Soroban Tokyo Best Challenge 2021

パラリンピック最終日の2021年9月5日(日)。代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われました。

コロナ禍で会場で実施される大会がほとんどなくなってしまった昨年と今年。感染対策を万全にして実施されました。

大会の特徴は、実力レベルごとに部門分けされているという点です。

申込時に解く共通問題の得点(基準点)をもとに実力ごとに部門分けがなされ、レベルの高い順にAクラスからEクラスまで5部門。各クラスとも約5割の入賞枠があり、誰もが頑張れば活躍できるという環境が整えられた新しい試みでした。

全体で17団体250名の参加者(当教室からは29名が参加)が集まり、腕を競い合いました。

緊張感と高揚感。オンラインでは味わえないその場の雰囲気。

子どもたちの学びや経験の場が失われる中で、短時間集中で濃い時間を過ごすことができました。

トロフィーや楯を貰えた子たちの笑顔からは厳しい環境を振り払うほどのパワーが感じられました。

入賞した子、悔しい思いができた子、生の気持ちを存分に感じて次に進んでいきましょう(*^^*)


※成績は塾生専用ページに掲載しています。

※参加選手のランキング証は各教室でお渡しします。






ページ 1/5 <<前へ  1 2 3 4 5 次へ>> 





ページトップへ戻る